MENU

言い換えドットコムでは、1,000ワード以上の言葉の言い換え語を紹介しています。

知りたいワードの言い換えを一覧表から絞り込み検索で探すこともできます。

ぜひチェックしてみてください。

言い換え語の一覧を見る

カテゴリーの言い換え語のおすすめは?ビジネスやカジュアルに使える類義語のまとめ!

本記事では、カテゴリーの言い換え語・同義語(類義語)を解説します。

  • ビジネスで使えるきっちりした類語
  • 友達同士でカジュアルで使える類語

に分けていくつかのアイデアをまとめました。

また、カタカナ・英語でかっこよく言い換えたい場合のワードもいくつか紹介します。

実際に使われているワードばかりです。ぜひ参考にしてください。

言い換えドットコムでは、1,000ワード以上の言葉の言い換え語を紹介しています。

知りたいワードの言い換えを一覧表から絞り込み検索で探すこともできます。

ぜひチェックしてみてください。

目次

「言い換えドットコム」は、さまざまな言葉のいいかえを紹介するサイトです。違う言葉に言い換えたいときや類義語・同義語を知りたいときに活用ください。

カテゴリーとは? そもそもどんな意味か?

まずはカテゴリーとはどんな意味なのかをおさらいします。

すでに意味をご存知の方は、次の項目まで飛ばしていただき大丈夫です。

意味

まず意味は以下のとおりです。

そもそもはこんな意味

部類・分類・ジャンル

同じ性質のものごとをまとめて、他と区別すること。

物事を共通した部分で分けたもの

意味を全て見る
  • 事柄の性質を区分する上でのもっとも基本的な分類。
  • 共通する属性を有する物の集まり
  • 分野、わけられた項目
  • 何かをある基準に沿って分けた分類、区分け

例文

つづいて、カテゴリーを用いた例文を紹介します。

集まった意見を、カテゴリーごとに分けてまとめていくことになった。

小説の新人賞に応募するとき、求められているカテゴリーの小説であるかどうかを、事前に考慮したほうがよい。

例文を全て見る
  • 牛や馬は動物というカテゴリーに分類されるし、カラスやハトは鳥というカテゴリーになる
  • この書類をカテゴリー別に提出してくださいって言ったのにできていない。
  • ホラーとギャグ。正反対のカテゴリーですが突き詰めると本質的に共通する物事としてとらえることができます
  • これらの数字は一般からの借上げのカテゴリーに含めるべきである。
  • この昆虫はどのカテゴリーに属しているのかな、という場合はまず形を見る。
  • 商品を産地を一つのカテゴリーに分けた事で、店の商品がとても見やすくなりました。
  • リライトするにあたって、執筆が得意なカテゴリーには表に印をつけました。
  • この本棚の本は、カテゴリー毎に分類されて並んでいるので、ほしい本が選びやすいですよ。

注意点(違和感のある、または失礼な使い方)

この言葉を使ううえでの注意点は以下のとおりです。違和感のある使い方にならぬよう注意しましょう。

こんな使い方に注意!

カタカナ語かつ名詞として扱うので、文章の内容を確認して前後にかかる言葉の選択に気を付ける。

横文字であるため、わかりにくいという欠点があるので、わかりやすい表記を心がける場合には、日本語の別の表現にしたほうがよい。

大まかに分類するときに使うので、あまりにも細かく決めるとカテゴリーの枠から外れる。

注意点を全て見る
  • 人によってはもっと分かりやすい言葉の言い換えが求められます
  • 性質・種類が同じものが含まれている区別されたものに使う。

ビジネスで使える丁寧なカテゴリーの言い換え語のおすすめ

ビジネスで使えるフォーマルな言い換え語を紹介します。

それぞれ見ていきます。

部門

まずは、部門です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

相手に、その物事や意見の内容がそれぞれ分類されたものであることを伝える時に、わかりやすく説明する言葉として使われます。

区分

2つ目は、区分です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

区別して分けること、それぞれに分けた、その仕切りという意味で用いられ、区分けに対して使うのがおすすめの語。

種目

3つ目は、種目です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

相手に、イベントで行われるものの詳細を伝える時に、大まかな種類としてわかりやすく説明する言葉として使われます。

種類

4つ目は、種類です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

カタカナ語を使わずに、一般的で堅苦しくない表現で言い表わしたい場合に代用できるのが言い換え語です。簡潔に言えるところも利点です。

範疇

5つ目は、範疇です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

同一性質のものが属すべき部類、分類・認識などを支える、根本的な枠組という意味合いの語で、認識論上の概念としてもおすすめ。

部類

6つ目は、部類です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

種類や共通の性質によって分けられた1つ1つのグループのことを指します。1つにまとめられたグループのこと。

分野

7つ目は、分野です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

物事の方面、範囲、領域、エリア。

分類

8つ目は、分類です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

事物を共通な性質に基づいて種類に分けること、同類のものをまとめ全体をいくつかに区分して体系づけることにおすすめ。

カテゴリーのカジュアルな言い換え語のおすすめ

友達同士で使えるようなカジュアルな言い換え語のおすすめを紹介します。

分類

まずは、分類です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

相手に、その物事をわかりやすく分けたものであることを伝える時に、どういうものかをわかりやすくまとめる時に使います。

くくり

カジュアルの2つ目は、くくりです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

元のワードが広い範囲で同じ性質を持つものを指すのに対し、「くくり」はどちらかというと、狭い範囲をまとめるのに用いる傾向がある。

クラス

つづいて、クラスです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

元のワードが同じ性質を持つものの球体的な範疇を示すニュアンスがあるのに対し、「クラス」は同じ性質を持つものの段階的な分類を指すニュアンスがある。

ジャンル

4つ目は、ジャンルです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

種類という意味をカタカナ語で軽いタッチで表現したい場合に言い換え語がおすすめです。映画のジャンル、などのような表現が定番です。

チーム

5つ目は、チームです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

モノでも、擬人化して分かりやすくとらえられるように、スポーツチームや班のように各チームといった言い方をするとわかりやすい。使い方としてはモノをカテゴライズするときに使う。

階級

6つ目は、階級です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

社会における経済的利害・地位などを同じくする群という意味で用いられ、等級付けし、差別する場合におすすめの語。

区分

7つ目は、区分です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

くぎって分けること、全体をいくつかに分類すること、その分けられたまとまりという意味合いの語でわかりやすくおすすめ。

種類

8つ目は、種類です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

何らかの観点から共通の性質をもつもの毎に組み分けした、その個々の組という意味で用いられるおすすめの語。

集まり

9つ目は、集まりです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

人に対して共通したものを持っている人たちのことを指すときに使う。同じ考え方を持っている人たちが、まとまって何かをしようとするときに使われる。

属性

10個目は、属性です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

その物事が持っている性質を言い表した言葉です。転じて完成に触れる物事や触手が動くジャンルを言い表す言葉としても用いられる場合があり、趣味の世界では定番となっている言葉です

カテゴリーの横文字・カタカナ英語の言い換え語のおすすめ

最後は横文字・カタカナ英語での言い換え語を紹介します。

こちらはリストのみとなります。

似ている横文字・英語表現
  • ジャンル
  • セクション
  • グループ
  • サークル
  • チーム
  • ボックス
  • ホーム
  • メイト
  • クラス
  • category

かっこよく表現したい際、参考にしてください。

まとめ

以上がカテゴリーの言い換え語のおすすめでした。

さまざまな言葉があることがわかりますね。

基本的な意味は同じでも微妙にニュアンスが違ったりもするため、TPOに合わせて言い換え語を使い分けていきましょう。

振り返り用リンク↓

さらに言い換えを探すには

言い換えドットコムでは、1,000ワード以上の言葉の言い換え語を紹介しています。

知りたいワードの言い換えを一覧表から絞り込み検索で探すこともできます。

ぜひチェックしてみてください。

カテゴリー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次