MENU

言い換えドットコムでは、1,000ワード以上の言葉の言い換え語を紹介しています。

知りたいワードの言い換えを一覧表から絞り込み検索で探すこともできます。

ぜひチェックしてみてください。

言い換え語の一覧を見る

飛躍の言い換え語のおすすめは?ビジネスやカジュアルに使える類義語のまとめ!

本記事では、飛躍の言い換え語・同義語を解説します。

  • ビジネスで使えるきっちりした類語
  • 友達同士でカジュアルで使える類語

に分けていくつかのアイデアをまとめました。

実際に使われているワードばかりです。ぜひ参考にしてください。

言い換えドットコムでは、1,000ワード以上の言葉の言い換え語を紹介しています。

知りたいワードの言い換えを一覧表から絞り込み検索で探すこともできます。

ぜひチェックしてみてください。

目次

「言い換えドットコム」は、さまざまな言葉のいいかえを紹介するサイトです。違う言葉に言い換えたいときや類義語・同義語を知りたいときに活用ください。

飛躍とは? そもそもどんな意味か?

まずは飛躍とはどんな意味なのかをおさらいします。

すでに分かっている人は、次の項目まで飛ばしていただき大丈夫です。

意味

まず意味は以下のとおりです。

そもそもはこんな意味

大きく高くとぶこと。順を追わないでとびはなれた所へ移ること。

めじましく、活躍すること。高く飛ぶこと。

大いに進歩、発展すること

例文

つづいて、飛躍を用いた例文を紹介します。

話の筋はわかったけれども、内容が飛躍しすぎだよ。その計画は無理だと思う。

その議論は着地があまりにも飛躍しすぎており、私はただ冷笑を浮かべることで意思を伝えることしかできませんでした。

注意点(違和感のある、または失礼な使い方)

この言葉を使ううえでの注意点は以下のとおり。

こんな使い方に注意!

ポジティブな意味とネガティブな意味がある

良い意味もその逆もあるので場面によって言いかえが無難です

発展するという意味以外にも物理的に飛び上がることや、順序立ててではなくいきなり内容が離れたところに移ることなど色々な意味を持つ。

ビジネスで使える丁寧な飛躍の言い換え語のおすすめ

ビジネスで使えるフォーマルな言い換え語を紹介します。

躍進

まずは、躍進です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

伏せていた身を起こし、躍り上がるように駆けて進むこと。散兵が躍進する。目覚ましい勢いで進出すること。新人の躍進。

ステップアップ

2つ目は、ステップアップです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

「飛躍」は正常な順序・段階などを踏まないという意見があるが、ステップアップは階段を登るような段階をふむというニュアンスの違いがある。段階を踏んで向上するという時におすすめです。

栄転

3つ目は、栄転です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

飛躍は大きく進展すること。栄転は素晴らしい成績を残して出世すること。出世、昇進を祝う時に使う表現として、栄転は使えます。

活躍

4つ目は、活躍です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

内容のあるいい仕事をして、職場でいい結果をもたらす。チームの勝利に大きく貢献する事。この積み重ねが飛躍に繋がる。

急騰

5つ目は、急騰です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

業績や売り上げなど、好調な伸びに使用することの多い「飛躍」。「急騰」は、物価や相場などが急に上がった際に使用することが多い。

超越

6つ目は、超越です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

こちらは褒め言葉として元の言葉を言い換えたものです。良い方向に振り切れた物事や普通ではない優れた状態を言い表したい場合に適切です

跳ね上がる

7つ目は、跳ね上がるです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

「飛躍」はもっぱら前向きな意味で使われる。「跳ね上がる」は同じ意味の急にとびはなれたところに移ることではあるが、「価格が跳ね上がって手が出しにくい」や「売り上げが跳ね上がった」というように、良い意味にも悪い意味にも両方で使われることがある。数値が跳ね上がったときに使うのがおすすめです。

頭角を現す

8つ目は、頭角を現すです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

周りから注目されていない立場から、力を付けていき実力が開花する事。これから活躍が期待されているという状態。

飛び越えて

9つ目は、飛び越えてです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

こちらはどちらかと言えば良くない意味合いです。「上司を飛び越えて話を進める」などの行為を表し、嗜める場面に用いる言葉です

躍進

10個目は躍進です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

段階を踏まず進み成長する、発展する様を表す「飛躍」に対し、「躍進」は、徐々に発展していく様を表現する際に使用する。

飛躍のカジュアルな言い換え語のおすすめ

友達同士で使えるようなカジュアルな言い換え語のおすすめを紹介します。

跳び跳ねる

まずは、跳び跳ねるです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

飛び跳ねる行為。飛に上がるようにして、勢いよくはねる。馬が跳躍する。飛んだり跳ねたりする。

いけいけどんどん

つづいて、いけいけどんどんです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

止まらずにどんどん突き進む意味合い。試合などで、守らずにどんどん攻めを行っていこうという時使えます。

ジャンプ

つづいて、ジャンプです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

とびはねること。特に、陸上競技やスキーの跳躍種目。大きくジャンプすると使います。飛躍の方が使うことが多いと思います。

スターダムを駆け上がる

つづいて、スターダムを駆け上がるです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

「スターダムに駆け上がる」は、芸能人などの流行の流れを受けやすいもの・人に対して使うのがおすすめです

ステップ

つづいて、ステップです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

「ステップアップ」は、順当な伸びや成長を表現する際に使用することが多い。大きな伸びを表す「飛躍」とは違い「一つ、一つ」というニュアンスが強い。

とんとん拍子

つづいて、とんとん拍子です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

自分や周りの想像よりも早く物事が良い方向に進む様を表す。昇進や結婚など、目標や節目などがうまくいくときの表現として使用される。

異次元

つづいて、異次元です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

こちらはもはや別次元である物事を表します。位が違いすぎる場合でも用いられる言葉で、容易に交信ができない様子も示しています

活躍

つづいて、活躍です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

「活躍」は「飛躍」と比べると、「活動の内容が素晴らしいこと」に対して「活躍する場所が広い世界になること」を表すという違いがある。が、部活で活躍するなど、小学生の頃からよく耳にしたり口にしたりする言葉である。

向上

つづいて、向上です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

飛躍は大きく進展する、予想を上回る進展。向上は普通の進展かつ成長を表現する。飛躍は大きく進展することで、向上は普通に進展したときに使う。

上昇

つづいて、上昇です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

飛躍は、物事が大きく上昇して良い方向へ向かっていることで、上昇は、飛躍の意味も入っているが、高見に上っている状態で一般的に良い方向に向かっている意味が強い。

飛躍の横文字・カタカナ英語の言い換え語のおすすめ

最後は横文字・カタカナ英語での言い換え語を項目だけ紹介します。

この辺は似ている言葉となります。

似ている横文字・英語表現
  • サプライズ
  • ステップアップ
  • フライトジャンプディファレントアナザーワールドリープ
  • ブレーク
  • レベルアップ
  • Leap
  • activity
  • grow
  • rise
  • leapingbreakthroughブレイクスルー

かっこよく表現したい際は参考にしてください。

まとめ

以上が飛躍の言い換え語のおすすめでした。

さまざまな言葉があることがわかりますね。

微妙にニュアンスが違ったりもするので、TPOに合わせて使い分けていきましょう。

振り返り用リンク↓

さらに言い換えを探すには

言い換えドットコムでは、1,000ワード以上の言葉の言い換え語を紹介しています。

知りたいワードの言い換えを一覧表から絞り込み検索で探すこともできます。

ぜひチェックしてみてください。

飛躍

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次