MENU

言い換えドットコムでは、2,000ワード以上の言葉の言い換え語を紹介しています。

知りたいワードの言い換えを一覧表から絞り込み検索で探すこともできます。

ぜひチェックしてみてください。

言い換え語の一覧を見る

経験を活かすの言い換え語のおすすめは?ビジネスやカジュアルに使える類義語のまとめ!

本記事では、経験を活かすの言い換え語・同義語(類義語)を解説します。

  • ビジネスで使えるきっちりした類語
  • 友達同士でカジュアルで使える類語

に分けていくつかのアイデアをまとめました。

また、カタカナ・英語でかっこよく言い換えたい場合のワードもいくつか紹介します。

実際に使われているワードばかりです。ぜひ参考にしてください。


ビジネスの言い換えを見る

カジュアルの言い換えを見る

英語・カタカナの言い換えを見る
タップできるリンク

言い換えドットコムでは、2,000ワード以上の言葉の言い換え語を紹介しています。

知りたいワードの言い換えを一覧表から絞り込み検索で探すこともできます。

ぜひチェックしてみてください。

目次

「言い換えドットコム」は、さまざまな言葉のいいかえを紹介するサイトです。違う言葉に言い換えたいときや類義語・同義語を知りたいときに活用ください。

経験を活かすとは? そもそもどんな意味か?

まずは経験を活かすとはどんな意味なのかをおさらいします。

すでに意味をご存知の方は、次の項目まで飛ばしていただき大丈夫です。

意味

まず意味は以下のとおりです。

そもそもはこんな意味

実際に体験したことを役立たせて、身につけた知識や技術を使うこと。

自分自身の体験・経験・知識を、課題や問題などに応用すること。または挑戦すること。

今までに学んできたことであったり、してきた仕事の内容やノウハウを使って新しいことをすること。

意味を全て見る
  • 過去の経験や知識を活用し、現在の状況や課題に役立てることです。自分が過去に経験したことや学んだことを生かして、より良い結果を得たり、問題を解決したりすることを指します。
  • 過去に体験した出来事やそこから得た知識・技術を、現在や未来に役立てること。

例文

つづいて、経験を活かすを用いた例文を紹介します。

彼は海外で暮らしたことがあるので、その経験を活かして、外国人のお客様に対応することができる。

転職先でこれまでの経験を活かすことができれば即戦力として重宝されるに違いない。

例文を全て見る
  • 失敗も含めた経験を活かす方法を身につけておくことは、とても大事なことです。
  • 私は前職での営業経験を活かして、新しいプロジェクトのリーダーになりました。
  • 高校時代の部活動で部長を務めた経験を活かして、大学ではサークルメンバーをまとめた。
  • 元アスリートの経験を活かし、引退後は子供向けのスポーツ講師になった。
  • 以前勤めていた会社での経験を活かして働きたいと思っています。
  • ビジネスにおいて、経験を活かすことは成功するために重要なことだ。
  • この仕事なら、自分の経験を活かすことができると思って、志望しました。

注意点(違和感のある、または失礼な使い方)

この言葉を使ううえでの注意点は以下のとおりです。違和感のある使い方にならぬよう注意しましょう。

こんな使い方に注意!

経験を持つことが重要であることを示すため、具体的な経験や知識を伝えることが大切です。自分の経験を適切に評価し、自慢するよりも、他人の役に立つことを強調する表現を使うと好印象です。

やや固い響きがあり、フランクな会話にはあまり馴染みません。

ビジネスでよく使われる言葉である。

注意点を全て見る
  • これまで体験したことや、それによって身につけた知識や技術を役立たせたい気持ちを表す際に使う。何度も繰り返すような状況でのみ用いる。
  • 「経験を生かす」と混同しやすいため、書き言葉として使う際には注意が必要。また、公文書では「活かす」という書き方はしてはいけない。
  • 「経験を活かす」の「活かす」は常用漢字の読みにはありません。公用文では平仮名表記にするか、類似の言葉に置き替えるべきです。

ビジネスで使える丁寧な経験を活かすの言い換え語のおすすめ

ビジネスで使えるフォーマルな言い換え語を紹介します。

それぞれ見ていきます。

培った能力を活かす

まずは、培った能力を活かすです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

意味は一緒。ただ、経験よりも聞き慣れないので①馴染みがないと思われる②言葉を知っていると思われるという2つの可能性がある。

知識を運用する

2つ目は、知識を運用するです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

経験全体よりも、経験の中で得た知識を使う限定されたニュアンスとなる。また、活かすという口語に近い表現よりも堅い印象となる。過去の経験により得た知識を使って仕事にあたる時に「今までの知識を運用して進めていってもらいたい」などと使うのがおすすめ。

素養がある

3つ目は、素養があるです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

経験は前にいた組織で教えてもらって、主にその組織で行っていたことであるのに対し、素養は普段から行っていて身についていることという意味があるのでより実に染み付いている感じがする。

見分を広める

4つ目は、見分を広めるです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

新しく知識や経験を得た時に使うニュアンス。新しく知識、経験を得た時や得る前に、相手にお礼を述べる時などに使える

研鑽を積む

5つ目は、研鑽を積むです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

すでに得ている経験や知識などの物事をさらに深く極める時、熱心に取り組んでいる時に使うニュアンス。優秀な賞を複数受賞した時などに使える。

経験を利用する

6つ目は、経験を利用するです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

「経験を活かす」という言葉は、過去に経験したことや学んだことを活用して、新しい状況や課題に役立てることを意味します。自分の経験を使って、問題を解決したり、良い結果を得たりすることを指します。一方、「経験を利用する」という言葉は、経験を有効に使うことを意味します。経験を利用するとは、その経験を有益に使って、得られる利点や効果を最大限に引き出すことです。経験を有効に使って目標を達成することを表現します。

学んできたことを活用する

7つ目は、学んできたことを活用するです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

今までに勉強してきたことを今後に活かしていくこと。経験を活かすと似たようなニュアンスをもつ言葉である。

過去の事例を応用する

8つ目は、過去の事例を応用するです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

仕事上の経験に限定したニュアンスとなる。以前似たようなケースを経験した人が、類似のケースにあたる時におすすめの表現となる。

ノウハウを活かす

9つ目は、ノウハウを活かすです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

「経験を活かす」は、自分の体験全体から学んだことをもとに新しいことに挑戦するときに使います。「ノウハウを活かす」は、自分の得意な分野や業務で具体的な方法や技術を使って働くときに使います。

スキルを生かす

10個目はスキルを生かすです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

「経験を活かす」とは、「自分が過去に経験したことを原動力としてプラスの方向に導いていく」ということ、「スキルを生かす」とは、「自分が持っている能力や技術を活用して役立たせる」という意味です。

経験を活かすのカジュアルな言い換え語のおすすめ

友達同士で使えるようなカジュアルな言い換え語のおすすめを紹介します。

勉強してきたことをつかう

まずは、勉強してきたことをつかうです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

今まで教わってきたこと、学んできたことを活かすこと。経験を活かすと同じような場面で言い換えることができる言葉。

知見を活かす

カジュアルの2つ目は、知見を活かすです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

自分が経験したことを別の事柄に活用することを意味しているため、「経験を活かす」という言葉とニュアンスは同じ。過去に自分が取り組んだ研究などに関して述べる時にこの言葉を使う。マウントを取りたい時に「知見を活かして…」とカッコつける。

即戦力になる

つづいて、即戦力になるです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

今まで経験してきたことを活かせる仕事につき、すぐに会社の力になること。主にビジネスで使われる言葉である。

昔取った杵柄で

4つ目は、昔取った杵柄でです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

慣用句となり、少し古めかしいニュアンスの言い回しに変わる。「大丈夫ですか?」「昔取った杵柄だよ、任せて」など、昔経験した事であるため今でもできることを表すときにおすすめ。

人生経験を役立てる

5つ目は、人生経験を役立てるです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

元のワードと比べると、言い換え語は「人生」がついているので、「人の一生において重要な節目に体験したこと」というニュアンスがあると思います。友人同士の会話時におすすめです。

失敗を役立てる

6つ目は、失敗を役立てるです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

「経験を活かす」とは、「自分が過去に経験したことを原動力としてプラスの方向に導いていく」ということ、「失敗を役立てる」とは、「自分が過去に失敗したことから学びを得て、今後の改善や成長につなげる」という意味です。

才能を活かす

7つ目は、才能を活かすです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

自分自身の才能をアピールする時に使うニュアンス。自分で「才能を活かす」と言うと自己主張が強く感じてしまうので、友人の間でカジュアルに使う方がいい。

経験を無駄にしない

8つ目は、経験を無駄にしないです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

より話し言葉的で噛み砕いたニュアンスを持つ表現であり、日常会話に馴染みやすいです。「しない」という否定語を使うことで、よりニュアンスを強調して言い表しやすくなります。

過去の出来事を応用する

9つ目は、過去の出来事を応用するです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

元のワードの「経験」は「自分が実際に見聞きしたり行ったこと」、言い換え語の「過去の出来事」は「現在よりも時間的に前に、既に起こったこと」という意味で、必ずしも自分が見聞きしたり行ったこととは限りません。また「応用する」は「知識を実際の事柄に当てはめる」というニュアンスです。同僚との会話時におすすめです。

キャリアを活かす

10個目は、キャリアを活かすです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

「経験を活かす」は、自分の体験全体から学んだことをもとに新しいことに挑戦するときに使います。「キャリアを活かす」は、自分の仕事や職業に関する経歴や能力をもとに同じ分野や業界で働くときに使います。

経験を活かすの横文字・カタカナ英語の言い換え語のおすすめ

最後は横文字・カタカナ英語での言い換え語を紹介します。

こちらはリストのみとなります。

似ている横文字・英語表現
  • ベテラン
  • エクスペリエンス
  • エキスパート
  • アプライ
  • Utilize experience
  • To put my skills to test
  • take advantage of
  • make use of one’s experience
  • experience
  • benefit from the experience

かっこよく表現したい際、参考にしてください。

まとめ

以上が経験を活かすの言い換え語のおすすめでした。

さまざまな言葉があることがわかりますね。

基本的な意味は同じでも微妙にニュアンスが違ったりもするため、TPOに合わせて言い換え語を使い分けていきましょう。

振り返り用リンク↓

他に言い換えを探すなら

言い換えドットコムでは、2,000ワード以上の言葉の言い換え語を紹介しています。

知りたいワードの言い換えを一覧表から絞り込み検索で探すこともできます。

ぜひチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次