MENU

言い換えドットコムでは、1,000ワード以上の言葉の言い換え語を紹介しています。

知りたいワードの言い換えを一覧表から絞り込み検索で探すこともできます。

ぜひチェックしてみてください。

言い換え語の一覧を見る

トップの成績の言い換え語のおすすめは?ビジネスやカジュアルに使える類義語のまとめ!

本記事では、トップの成績の言い換え語・同義語を解説します。

  • ビジネスで使えるきっちりした類語
  • 友達同士でカジュアルで使える類語

に分けていくつかのアイデアをまとめました。

実際に使われているワードばかりです。ぜひ参考にしてください。

言い換えドットコムでは、1,000ワード以上の言葉の言い換え語を紹介しています。

知りたいワードの言い換えを一覧表から絞り込み検索で探すこともできます。

ぜひチェックしてみてください。

目次

「言い換えドットコム」は、さまざまな言葉のいいかえを紹介するサイトです。違う言葉に言い換えたいときや類義語・同義語を知りたいときに活用ください。

トップの成績とは? そもそもどんな意味か?

まずはトップの成績とはどんな意味なのかをおさらいします。

すでに分かっている人は、次の項目まで飛ばしていただき大丈夫です。

意味

まず意味は以下のとおりです。

そもそもはこんな意味

何らかの結果が上位であること。

大会などで一位になること。

とても優秀な成績を残したこと。

例文

つづいて、トップの成績を用いた例文を紹介します。

テストを頑張ったのでトップの成績だった。これからも頑張りたい。

彼は、先日行われた全国大会で、見事にトップの成績をおさめた。

注意点(違和感のある、または失礼な使い方)

この言葉を使ううえでの注意点は以下のとおり。

こんな使い方に注意!

上の方であるときにつかえる。まとまった言葉。

行われた大会等で一番良い成績という意味で、その他においても一番良いとは限らない。

文脈によって簡潔な言い換えが無難なケースもあります。

ビジネスで使える丁寧なトップの成績の言い換え語のおすすめ

ビジネスで使えるフォーマルな言い換え語を紹介します。

優秀

まずは、優秀です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

トップの成績ではないが、能力が高い場合に使われる。一つの事に長けてるというよりも全体的に力があるので重宝される。

栄光を手にする

2つ目は、栄光を手にするです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

勝負に勝って、栄誉を手に入れることという意味になる。大会などで優勝をおさめた時に使う。

好成績

3つ目は、好成績です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

似たような成績をおさめた人数が多い時に使う。トップという複数を表すこともできる表現にも似た言葉として利用できる。

最上級の品質

4つ目は、最上級の品質です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

品評会、選定会、○○市などでの各種専門家などの意見や評価が付いた商品、品物、などに使う場合におすすめ。

実積

5つ目は、実積です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

残してきた功績や成績。トップの実積であれば、常にトップを走ってきたという意味。営業実績トップ。

首席

6つ目は、首席です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

トップの成績よりも、その結果が誇りになるものであるニュアンスがある。簡単には取れるものではないこと、

卓越

7つ目は、卓越です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

群を抜いて優れていること。多くの人々の中で突出している状態。卓越した才能、卓越した技術という使い方をします。

頂点に君臨する

8つ目は、頂点に君臨するです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

トップの成績は、営業などの販売業績で他のセールスマンより多く販売実績があり、一番になった事。頂点に君臨するは、競技種目で他者と競り合い1位となったものの事です。

覇者となる

9つ目は、覇者となるです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

コンテストなどで、優勝するという意味になる。大会などで、一位になった時に用いる。

最高の成果

10個目は最高の成果です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

最高の成果の場合は競争、序列の意味合いは少なくなる。トップの成績の場合は同様の条件にて競っているような前提がある。

トップの成績のカジュアルな言い換え語のおすすめ

友達同士で使えるようなカジュアルな言い換え語のおすすめを紹介します。

ナンバーワン

まずは、ナンバーワンです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

トップの成績は、勉学にひいて出ていて優秀な成績を残した者の事で、ナンバーワンは、一般的な1番になっている状況を表す言葉。

ベストスコア

つづいて、ベストスコアです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

自分の成果物が今までに比べ、格段に良かった時に用いる。しかし数字として出る成果にのみ適用されるため汎用性は低い。

レコード

つづいて、レコードです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

タイムレコードやトップレコードという使い方をする。

一等賞

つづいて、一等賞です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

徒競走でトップになる時のような軽めの競争で一番の時に使う感じ。徒競走のイメージが強いのでちょっと子供っぽい感じ。

一二を争う成績

つづいて、一二を争う成績です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

トップの成績を伝えるのには一番近い表現。元のワードよりカジュアルな表現で口語で使うのに向いている。グループの中で非常に成績が優秀で優れているということを伝える口語表現におすすめ。

一番

つづいて、一番です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

単純にトップであるということの口語的な言い換え。フランクというか子供でも言うような軽いわかりやすい言い換えです。

王者になる

つづいて、王者になるです。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

その大会で一位になるという意味になる。行われた大会などで優勝した時に使う。

最高の結果

つづいて、最高の結果です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

トップと酷似した最高という語句を用いているが、成績よりも広く抽象的な結果という表現に変わることで競争以外でも用いることができる。

秀逸

つづいて、秀逸です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

他のものと比べて抜きん出て素晴らしい事。基本的に優れている「言動」や「作品」を指します。人物の評価には用いない。

成績優秀

つづいて、成績優秀です。

意味やニュアンスの違いは以下のとおり。

使い方やニュアンスの違い

ある一定のものだけでなく、今までも上位であったなど、誰もが分かっているニュアンスがある。

トップの成績の横文字・カタカナ英語の言い換え語のおすすめ

最後は横文字・カタカナ英語での言い換え語を項目だけ紹介します。

この辺は似ている言葉となります。

似ている横文字・英語表現
  • インテリジェンス
  • トップ
  • トップクラス
  • good scorethe top result
  • stand on top
  • top grades
  • top of the top

かっこよく表現したい際は参考にしてください。

まとめ

以上がトップの成績の言い換え語のおすすめでした。

さまざまな言葉があることがわかりますね。

微妙にニュアンスが違ったりもするので、TPOに合わせて使い分けていきましょう。

振り返り用リンク↓

さらに言い換えを探すには

言い換えドットコムでは、1,000ワード以上の言葉の言い換え語を紹介しています。

知りたいワードの言い換えを一覧表から絞り込み検索で探すこともできます。

ぜひチェックしてみてください。

トップ成績

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次